*

KEN THE 390の社長業について!リクルートで働いていた?

公開日: : ラッパー

あのイケメンラッパー”KEN THE 390”はラッパーとしてだけではなく

社長としても活動しているのです!

 

という事で、彼の社長業についてまとめちゃおうと思いますよ。

 

そして、彼は過去にリクルートで働いていたみたいです!

この件についても、詳しく書きましたので見てください。

 

390

※画像引用

 

 

【KEN THE 390は社長としてどんな仕事をしている?】

 

KEN THE 390って本当に爽やかですよね!

そして、ラップは男らしくて格好良いですし

このイケメン研究レポートが記事にするにふさわしい人物なのです。

 

フリースタイルダンジョンの口迫歌合戦にて

KEN THE 390が「俺は会社もやってラッパーもやって色々やる」と

ラップしていたので、会社を経営している事は結構有名かと思います。

 

では、いったいどんな会社を経営しているのか?気になりますよね。

 

 

実は、ミュージシャンのレーベルを運営しているのです!

 

 

そのレーベルの名前は「DREAM BOY」です。

DREAM BOYは2011年12月に設立されました。

 

DREAM BOYの代表取締役として仕事をしながら

ラッパーとしても活動しているわけです。

 

所属アーティストとしては、KLOOZYURIKAKOPERUなどがいます!

 

KEN THE 390は代表取締役という事で

所属アーティストのライブイベントのセッティングや

CDリリースのマネージメントなどをしているようです。

 

これだけイケメンで、さらに社長として仕事もこなしているんですよ。

格好良すぎませんか?

 

 

【KEN THE 390はリクルートの正社員だった?】

 

現在は社長として仕事をしている彼ですが

実は、昔は正社員として仕事をしていた時期もあるのです。

 

KEN THE 390は、早稲田大学の社会科学部を卒業しています。

早稲田大学を卒業後に内定を頂いていたリクルートに就職したのです。

 

当時は、仕事をしながらラップをしたいなと思っていたそうです!

 

リクルートの正社員として勤務しながら

時間の合間を見つけては、リリックを書いてレコーディングをしていたそうです。

 

当時は、仕事の合間に頑張ってラッパーとして活動していたというよりは

ラップをする事が息抜きになっていたそうです。

 

仕事は凄く忙しかったそうで、仕事が終わってから夜中に

スーツのままスタジオへ向かい、レコーディングしていた事も

あったそうです!

 

ラッパーとして売れる人は、気合いが違いますね。

 

リクルートの正社員として2年3ヶ月くらい働いていたそうです。

退社の理由は、ラッパーとして忙しくなってきて音楽業を優先したかったからだそうです。

 

2007年7月に、リクルートを退社したのですが

退職目前の2007年6月にはアルバム「マイ・ライフ」を

発売しています。

 

→ マイ・ライフ [ KEN THE 390 ]

 

このアルバムに相当自信があったんじゃないかと思います!

今でも人気のあるアルバムなので、是非おすすめします。

 

退職の理由がとても格好良いですよね。

本当に音楽が大好きなのが伝わってきます。

 

正社員として仕事をしている人でも

ラッパーとして成功する可能性も充分にあるという事を

KEN[ THE 390が教えてくれたかと思います。

 

KEN THE 390について、もっと気になる人は

こちらなどいかがですか?

KEN THE 390は結婚してるのか?身長についても!

 

皆さんも、ラップをやりたい!と思ったら

是非、職業とかは気にせず始めてみてはいかがでしょうか?

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">


  • 性別:男

    年齢:23

    東京の某大学を卒業し、社会人として日々働いているヨウ太郎です。イケメンについて書いていきます!。ゆるーくブログ書いているので、良かったら見てください

PAGE TOP ↑